のぼりの良きデザイン

のぼりは宣伝で用いられるものとなってきています。

そうなると、人目を引くことが大切ですね。

今までののぼりは長方形で無難な形をしたものが多かったです。

これはおそらく古来から続く製法に近い物をとってきたからだと思います。

しかし昔の使われ方は戦争の敵味方の判別なんかで使われていました。

自分の所属を周囲に示し、味方からの攻撃を予防する目的です。

そのため、必要以上には目立たせる必要が無かったため、無難な形が採用され続けてきたのだと思います。

しかし、現在ののぼりは、いくらでも目立たせることが可能です。

別に敵に狙われやすくなるなんてことはもちろん、現在の日本にあってはまずないことです。

時代や目的の変化に応じて、製法も変わっていってしかるべきでしょう。

ではどうやって目立たせるのか。

現在使われている珍しいものだと、をイメージしているようなジグザグしたものから、六角形のものなんかもあるようですね。

人は普段見かけないものほど新鮮に感じて視線を奪われてしまいますから、そういった意味では宣伝がうまくいきやすく、効果が高い物であるといえます。

もし宣伝を考えているのであればそういった斬新な形のものをデザインしてみれば、のぼりによって収益の向上につながるかもしれませんね。