のぼりは利益をうみやすい

のぼりは、とても高いコストパフォーマンスを持っていると思います。

そのため、日本では長く使い続けられ今では日本の文化になっているのではないかと思います。

また、全国各地で幅広く使われていることもそのコストパフォーマンスの良さを間接的に証明しているのではないかと思います。

ではなぜコストパフォーマンスが良いといえるのかご説明します。

現在の用いられ方は主に宣伝的、商業的利用ですが、値段の割には人目につくものであるというように考えられるためです。

ビラ配りなんかは大量に配られた記憶がありますが、それらが私の購買経験につながったのはあまり思い出せません。

しかし、ああいったものは高いコストがかかっているはずです。

ビラの製作費用、配る人件費、ビラについているクーポンなど。

それに比べてのぼりはとても安価な宣伝です。

一度購入をしてしまえば他に追加でコストがかかることはありませんし、その購入もビラの製作よりは安いでしょう。

そんな安上がりなのぼりですが、飲食店の宣伝などでは効果的に使われてるのか、私の入る店が左右された記憶はけっこう思い出せます。

コストが安価なはずの宣伝のほうで心が動いた記憶が多くあるということです。

こういった人は私のほかにもそこそこの数がいるのではないでしょうか。

もしそうであれば、やはりのぼりのコストパフォーマンスは高いと言わざるをえないとおもいます。